原動機付自転車

原付

原付免許ホーム
受験資格
受験場所
必要書類等
受験手数料
試験内容
試験当日の手順
原付バイクに関する各種手続き
 
電動バイクカタログ
 
ご当地ナンバー
 
 
 
 
バイクショップリンク集
 
その他のリンク集
001  002  003
004  005  006
007  008  009
010  011  012
原動機付自転車とは
原動機付自転車とは、エンジンの総排気量が50cc以下の、二輪車および三輪車のことで、略して原付・原チャリ・原チャと呼ばれています。(報道関係では「ミニバイク」と呼ばれることが多い)
また、ホンダ・ジャイロのような三輪のものは原付三輪やスリーターと呼ばれています。
原動機付自転車の始まりは、自転車に小型のエンジンを付けた乗り物として登場します。
第二次大戦後に流行し、既存の自転車にとりつけるエンジンキットも市販されていました。
ホンダ等も、最初はこの種の製品を販売していました。
これらのエンジン付き自転車(ペダル付きバイク)は、モペットと呼ばれ、西欧諸国では現在も製造販売されています。
(日本と異なり、ヨーロッパでは無免許で運転できる国が多いので自転車の代わりに普及している)
日本では、乗り心地やホンダ・カブに代表される実用的な積載性と経済性やスクーターに装備される自動変速機等のよな便利な機能が求められている。
道交法で原動機付自転車の制限速度は時速30kmとされ、自動二輪車に比べ制限速度の制約、二人乗り禁止、交差点での二段階右折など、オートバイとは異なる位置付けになっている面もある。
 
原動機付自転車は運用する法律によって定義が異なっています。
・道路交通法での原付
50cc以下(ミニカーを除く)を原動機付自転車としています(道路交通法等)
「原動機付自転車 内閣府令で定める大きさ以下の総排気量又は定格出力を有する原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であつて、自転車、身体障害者用の車いす及び歩行補助車等以外のものをいう。」(道路交通法第2条第1項第10号)
「道路交通法第二条第一項第十号の内閣府令で定める大きさは、二輪のもの及び内閣総理大臣が指定する三輪以上のものにあつては、総排気量については〇・〇五〇リツトル、定格出力については〇・六〇キロワツトとし、その他のものにあつては、総排気量については〇・〇二〇リツトル、定格出力については〇・二五キロワツトとする。」(道路交通法施行規則第1条の2)
原付三輪(道路交通法施行規則第1条の2における「内閣総理大臣が指定する三輪以上のもの」)はさらに以下の要件を満たすものであり、それ以外はミニカーとなる。
「車室を備えず、かつ、輪距(二以上の輪距を有する車にあつては、その輪距のうち最大のもの)が〇・五〇メートル以下である三輪の車及び側面が構造上開放されている車室を備え、かつ、輪距が〇・五〇メートル以下である三輪の車」(平成2年12月6日総理府告示第48号)
 
・道路運送車両法などでの原付
125cc以下を原動機付自転車とする(道路運送車両法、道路法、高速自動車国道法等)
「この法律で「原動機付自転車」とは、国土交通省令で定める総排気量又は定格出力を有する原動機により陸上を移動させることを目的として製作した用具で軌条若しくは架線を用いないもの又はこれにより牽引して陸上を移動させることを目的として製作した用具をいう。」(道路運送車両法第2条第3項)
「道路運送車両法第二条第三項の総排気量又は定格出力は、以下のとおり。
一.内燃機関を原動機とするものであつて、二輪を有するもの(側車付のものを除く。)にあつては、その総排気量は〇・一二五リツトル以下、その他のものにあつては〇・〇五〇リツトル以下
二. 内燃機関以外のものを原動機とするものであつて、二輪を有するもの(側車付のものを除く。)にあつては、その定格出力は一・〇〇キロワツト以下、その他のものにあつては〇・六〇キロワツト以下
前項に規定する総排気量又は定格出力を有する原動機付自転車のうち、総排気量が〇・〇五〇リツトル以下又は定格出力が〇・六〇キロワツト以下のものを第一種原動機付自転車とし、その他のものを第二種原動機付自転車とする。」(道路運送車両法施行規則第1条)
高速道路を総排気量が125cc以下の自動二輪車やミニカーが走行できない理由は、高速道路の通行可能車両が道路交通法ではなく、道路法・高速自動車国道法により定義されており、これらの法律では前述の車輛が原動機付自転車に分類されていることによる。
なお免許の区分と車両の区分は同一ではなく、50cc超125cc以下の二輪車を原付免許で運転すると無免許運転となる(これは“原付”ではなく“小型二輪”となる)。
 
125cc以下の原動機付自転車は、市町村で登録され、軽自動車税が課せられるにあたって、排気量別にさらに区分される、市町村によって異なる場合があるが、排気量50cc以下を白色、90cc以下を黄色、125cc以下を桃色のナンバープレートを交付して、それぞれ、1種、2種乙、2種甲として登録されることが多い。
区分 ナンバープレートの色
(異なる市町村もある)
第1種原動機付自転車 50cc以下 白色
第2種原動機付自転車(乙)90cc以下 黄色
第2種原動機付自転車(甲)125cc以下 桃色
ミニカー 水色
原付三輪の扱いは50ccまでであり、50cc超125cc以下の三輪車両は軽二輪車のトライクとして扱われ、ナンバープレートの交付は市町村ではなく陸運支局となります。
自動車保険(任意保険)においては、自動車の契約に付随したファミリーバイク特約を付帯する場合、原動機付自転車は125cc以下とされているので、第1種、第2種ともに補償の範囲に入ることとなります。
 
法規上の運転方法など
路交通法による原動機付自転車(50cc以下の二輪・三輪など)は、以下の方法で運転しなければなりません。
・二段階右折が必要
片側3車線以上の交通整理の行われている交差点(信号交差点)では、二段階右折しなければりません。
ただし、二段階右折禁止の標識がある場合は、この限りではない。(道路交通法第34条第5項)
左折レーンがある交差点で二段階右折するときは、左折レーンから直進することができる。(道路交通法第35条第1項)
・第一通行帯通行義務
片側2車線以上の道路では、第一通行帯を通行しなければなりません。
ただし、小回り右折しなければならないときはこの限りではない。(道路交通法第20条第1項)
・30km/hの速度制限
原付の法定速度は30km/hである。(道路交通法第22条第1項)
・高速道路は通行禁止
高速自動車国道および自動車専用道路は、原付の通行は禁止です。
一般有料道路については、原付の通行が許可されている場合もあります。
・二人乗りは禁止。
・路線バス専用通行帯が通行可能 です。
原付は、路線バス専用通行帯を通行することができる。(道路交通法第20条)
・車検制度はありません。
 

↑戻る
[提携サイト]原付免許とっちゃお 運転免許と自動車教習所のガイダンス AID合宿免許 ドライバーズライセンスガイド AID運転免許 氷見自動車学校 大宮自動車教習所 合宿免許は大宮自動車教習所 合宿免許/合宿免許なら氷見自動車学校 ドライバーズライセンスエイド 世界の名画美術館 痔 手術体験記と基礎知識 ジェームス・ディーン フェンダーカタログ 1970年版(USA)
Copyright(c) motorcycle.4492.biz All Rights Reserved