悪天候時の注意 原付免許

悪天候時の注意 原動機付自転車

HOME > 悪天候時の注意
はじめに (原付免許)
原付免許の基礎知識
標識・標示の意味
日常点検
乗車定員と積載・けん引
走行中に働く自然の力
信号に従うこと
車の通行するところ
車が通行してはいけないところ
緊急自動車などの優先
交差点などの通行
踏切の通過
安全な速度と車間距離
歩行者の保護など
安全の確認と合図、警音器の使用
進路変更など
追い越し
行き違い
駐車と停車
交通事故のとき
坂道・カーブを通行する時の注意
夜間の運転
悪天候時の注意
運転中の緊急事態への対応
運転中の携帯電話使用禁止
運転免許試験練習問題
試験合格のコツ
イラスト問題はこう攻める
 標識・標示ガイド
 
道路交通法
道路交通法施行令
道路交通法施行規則
  
悪天候時の注意
雨や悪路では
急ブレーキ・急ハンドルは避けましょう。
 
スリップしやすいのでブレーキは慎重に操作しましょう。
 
制動距離がのびるので、車間距離を広くとりましょう。
 
道路工事の鉄板、マンホールのふた、路面電車のレールなどはよくすべります。
 
以上のようなことからも、晴れている時よりスピードは控えめに。レールは直角に近い角度で入ればすべりにくくなります。
また、雨は降り始めがよくすべりますので、覚えておきましょう。
 
深い水たまりに入るとブレーキがきかなくなることがあります。
水たまりは避けて通りましょう。やむを得ず入る場合も歩行者に水や泥をかけないように。
 
霧が発生したときは前照灯をつけて、危険に応じて警音器を使います。
また霧のときは前照灯を上向きにするとますます前が見えなくなります。(ライトは下向きに)
 
山道などでは地盤がゆるんで崩れやすくなるので、路肩には寄り過ぎないように注意しましょう。
 
雪道では、前の車が通った跡(わだち)を走行するようにします。
 
     
   
スポンサードリンク
 
Copyright 原付免許 とっちゃお All rights reserved