試験合格のコツ 原付免許

試験合格のコツ 原動機付自転車

HOME > 試験合格のコツ
はじめに (原付免許)
原付免許の基礎知識
標識・標示の意味
日常点検
乗車定員と積載・けん引
走行中に働く自然の力
信号に従うこと
車の通行するところ
車が通行してはいけないところ
緊急自動車などの優先
交差点などの通行
踏切の通過
安全な速度と車間距離
歩行者の保護など
安全の確認と合図、警音器の使用
進路変更など
追い越し
行き違い
駐車と停車
交通事故のとき
坂道・カーブを通行する時の注意
夜間の運転
悪天候時の注意
運転中の緊急事態への対応
運転中の携帯電話使用禁止
運転免許試験練習問題
試験合格のコツ
イラスト問題はこう攻める
 標識・標示ガイド
 
道路交通法
道路交通法施行令
道路交通法施行規則
  
試験合格のコツ
   
学科試験を甘く見てはいけません。
原付  30分×60秒=1800秒 1800秒÷52問≒35秒 一問ごとの解答時間は約30秒程です。

良く分からない問題に長くかかわっていると、時間内にすべての問題を解けないという恐れが出てきます。
もし、良く分からない問題や、解答に迷いのある問題が出てきたら、とりあえず直感で正誤のマークを記入し、 同時にその問題番号を解答用紙の自由記入欄にメモしておき、 全ての解答の記入が終わったら、メモした問題を見直すようにしましょう。

分からなくても全問に解答しましょうね。正解率は50%なのですから。。。
練習問題は、初期段階でまだ法規を充分理解していない時は、別紙に解答するなどして、自分の弱点をみつけ、 そのつまづいた問題の間違えた理由をしっかりと理解することに努めましょう。

ある程度理解してきたら、きちんと時間をはかって模擬テストをやってみましょう。
時間内で見直す問題が15パーセント以上あるようでしたら、まだ実力が足らないかも知れませんね。
間違えた問題を良く見直してください。 ある程度理解してからの間違えは早とちりが多くなると思います。

問題をしっかり読んで、その状況を思い浮かべて・・・・・なんて時間はありませんね。。。
でも、問題の最後の一字一句までしっかりと読んで下さいね。

特に問題にいくつかつまづくと、解答を焦るあまり読み間違いが多くなります。落ち着いて取り組みましょう。 甘く見ていると89点で不合格なんていう不幸な事が起こります。

体調を整えて、自信をもって落ち着いて試験に望む事が大切です。
落ち着いてという意味では、試験場に行くのが初めてでしたら時間に余裕をもって出発しましょうね。
ぎりぎりセーフ、でも息が切れている状態で受験なんて良い結果は望めませんので。。。

それから最後に、くれぐれもマークシートの記入場所をひとつずらしてしまうなどの様な単純ミスはしないように。 解答用紙の記入については必ず間違える人がいますので・・・緊張のせいか名前を書き忘れる人までも・・・
提出前に確認しましょうね。
では、免許取得に向けて頑張っていきましょう。
 
    
   
スポンサードリンク
 
Copyright 原付免許 とっちゃお All rights reserved