原付の右折の方法 原付免許

原付の右折の方法 原動機付自転車

HOME > 原付の右折の方法
はじめに (原付免許)
原付免許の基礎知識
標識・標示の意味
日常点検
乗車定員と積載・けん引
走行中に働く自然の力
信号に従うこと
車の通行するところ
車が通行してはいけないところ
緊急自動車などの優先
交差点などの通行
踏切の通過
安全な速度と車間距離
歩行者の保護など
安全の確認と合図、警音器の使用
進路変更など
追い越し
行き違い
駐車と停車
交通事故のとき
坂道・カーブを通行する時の注意
夜間の運転
悪天候時の注意
運転中の緊急事態への対応
運転中の携帯電話使用禁止
運転免許試験練習問題
試験合格のコツ
イラスト問題はこう攻める
 標識・標示ガイド
 
道路交通法
道路交通法施行令
道路交通法施行規則
  
原動機付自転車の右折の方法
原則は自動車と同じですが、信号などで交通整理されている次のような交差点は、二段階右折しなければなりません。
同一方向に3つ以上の車両通行帯がある交差点。
標識によって指定されている交差点。
   
二段階右折の手順は、  
@あらかじめできるだけ道路の左端に寄る。
 
A交差点の30m手前で右折の合図をする。
 
B前方の青信号に従い徐行で交差点の向こう側までまっすぐ進む。
 
Cその地点で止まって右に向きを変え合図をやめる。
 
D前方の信号が青になったら進む。
 
 
 
二段階右折の方法は青の矢印灯火に従って右折することはできません。
 
同一方向に3つ以上の車両通行帯がある交差点でも、原動機付自転車の右折方法(小回り)の標識で指定されている交差点は自動車と同じ方法で右折します。
 
右折時の注意事項
交差点とその付近は、一番事故が多い場所です。
通行する時は、状況に合わせて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければいけません。
原付は小さく見えにくいので、車の陰になって対向の右折車から何も来ないと判断されたり、大型車の左折時に生じる内輪差に巻き込まれるという危険があります。
十分注意して自分の存在を他車に知らせるよう(死角に入らない)通行しましょう。
 
内輪差  車が曲がるときに後輪が前輪より内側を通ることによる前後輪の軌跡差のこと。
 
原動機付自転車の右折方法(二段階)
 
 
原動機付自転車の右折方法(小回り)
 
 
   
     
   
スポンサードリンク
 
Copyright 原付免許 とっちゃお All rights reserved