信号の意味 原付免許

信号の意味 原動機付自転車

HOME > 信号の意味
はじめに (原付免許)
原付免許の基礎知識
標識・標示の意味
日常点検
乗車定員と積載・けん引
走行中に働く自然の力
信号に従うこと
車の通行するところ
車が通行してはいけないところ
緊急自動車などの優先
交差点などの通行
踏切の通過
安全な速度と車間距離
歩行者の保護など
安全の確認と合図、警音器の使用
進路変更など
追い越し
行き違い
駐車と停車
交通事故のとき
坂道・カーブを通行する時の注意
夜間の運転
悪天候時の注意
運転中の緊急事態への対応
運転中の携帯電話使用禁止
運転免許試験練習問題
試験合格のコツ
イラスト問題はこう攻める
 標識・標示ガイド
 
道路交通法
道路交通法施行令
道路交通法施行規則
  
信号の意味
 
歩行者は進むことができます。
車(軽車両を除く)や路面電車は、直進・左折・右折することができます。
ただし二段階右折する原付は右折する地点まで直進し、その地点で向きを変えて、進むべき方向の信号が青になるまで待ちます。
軽車両(自転車など)は直進・左折はできますが、右折する場合は右折する地点まで直進し、その地点で向きを変えて、進むべき方向の信号が青になるまで待ちます。
 
歩行者は、横断を始めてはいけません。横断中の歩行者は、横断をするか、横断を止めて引き返さなければなりません。
車や路面電車は、停止位置から先に進んではいけません。しかし、信号が黄色に変わったときに停止位置に近づいていて、安全に停止することができない場合は、そのまま進むことができます。
 
歩行者は、横断してはいけません。
車や路面電車は、停止位置を超えて進んではいけません。
交差点ですでに左折している車や路面電車は、左折方向の信号が赤でもそのまま進めます。
交差点ですでに右折している車や路面電車は、 右折方向の信号が赤でもそのまま進めますが、青色の信号に従って進んでくる車や路面電車の進行を妨げてはいけません。
 
赤の点滅 歩行者は他の交通に注意して進むことができます。
車や路面電車は、停止位置で一時停止して、安全を確認した後に進むことができます。
   
黄の点滅 歩行者や車・路面電車は他の交通に注意して進むことができます。
   
青の矢印 車は矢印の方向へ進むことができます。
右折の矢印の場合は、軽車両や二段階右折する原付は進めません。
 
黄の矢印 路面電車専用の信号です。
歩行者や車は進めません。路面電車は矢印の方向へ進めます。
 
 
左折可の標示板があるとき 道路の左端や信号機に『左折可』の標示板がある時は、前方の信号が赤色や黄色の場合でも、歩行者や周りの交通に注意しながら左折できます。
ただし、信号に従って横断している歩行者や自転車の通行を妨げてはいけません。
 
 
信号に対する注意
見切り発進の禁止
 横の信号が黄色や赤色に変わったのを見て発進すること。
 横が赤に変わっても前方の信号が青に変わるとは限りません。
 残存歩行者に対する注意
 前方の信号が青に変わっても、渡りきれない歩行者がいます。
 信号が青に変わっても周囲の安全を確かめましょう。
 
     
   
スポンサードリンク
 
Copyright 原付免許 とっちゃお All rights reserved